現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
割引クーポン案内

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力


当店初めての方はコチラ

選択肢&文字入力説明

刻印レイアウトに関して

メールでのご連絡の注意事項

無料刻印イラスト集

刻印メッセージ集

オリジナルデザインのオーダーについて

FAX&メールはコチラ






当サイトの買い物カゴ内はSSL暗号化通信に対応しております。

How to ドッグタグ

ドッグタグ装着イメージドッグタグとは何ですか?


ドッグタグは本来は軍隊において兵士の個人識別用に使用され、

首から下げる板状のペンダントの事。
(主に金属板ですが、金属以外に革やもあります)
別名を認識票。(近年ではIDタグとも言われています)

世界で最初の認識票は1870年普仏戦争(プロイセン軍)だそうです。
また同時期の首都ベルリンで犬用の鑑札(ドイツ語:Hundemarken)と比較され、
自嘲気味にHundemarkenと呼ばれるようになり、
それが英語になったもの (dog tags) です。




ドッグタグの目的


軍や兵士が使用するドッグタグ認識票は各国若干異り、
基本的に個人の身元が判る情報を刻印しています。

具体的に主に姓名、生年月日、性別、血液型、国籍、信仰する宗教等。
軍仕様という事で所属の軍、認識番号も刻印されます。
言葉が通じない、気絶、肉体の損傷で伝達手段が途絶えた場合の
最低限の医療的な伝達(血液・輸血等)と、
同様の理由による信仰する宗教を伝達になります。

ちなみにドッグタグ(軍兵士用)は一般的に2枚式が主流で
全く同じ内容が刻印されてます。
最悪のケースで遺体が原形を留めないほど損壊しても
ドッグタグが無事ならば個人識別を可能で、
残された家族への配慮とも言うべき役目も負っています

その場合、一方を回収・戦死報告用とし、残りは判別用に遺体に付けたままにします。




一般的なドッグタグ認識票の刻印

当店のドッグタグ刻印フォームの一般的な個人識別の内容は以下の内容になります。

ドッグタグ ヘアライン表1行目 : 苗字 名前
表2行目 : 生年月日
表3行目 : 血液型
表4行目 : 緊急連絡先

(裏面も使用する場合)
裏1行目 : 住所
裏2行目 : 住所
裏3行目 : 住所や他連絡先
裏4行目 : 住所や他連絡先

表面だけに刻印するようでしたら上記4つが定番ですが、
プレートサイズや内容によっては文字サイズを縮小&5行目を追加して住所などを入れてもOK。

なお血液型のRhの種別の+はPOS、-はNEGです。
性別の男性は「M」、女性は「F」になります。
※記号の♂(男性・雄)、♀(女性・雌)も刻印可能

ドッグタグ ストラップただ当店は自由な刻印が売りのお店でもありますので
必ず上記の内容でなければいけないという事はありません

自由な内容で刻印も可能です。
※イラストの追加や家族・伴侶・恋人・友人へのメッセージなど。
オリジナルデザインのオーダーも承っております。

無料刻印イラスト集 (別窓)
刻印メッセージ集 (別窓)
オリジナルデザインのオーダーについて (別窓)
※どちらも当店管理の別サイトになります。

既往症や服用している薬、掛かり付け医、緊急時の搬送先の病院など、
メディカルタグとしての刻印も可能です。



名前は英語では、姓→名?名→姓?

英語での名前の表記ですが、海外(アメリカ)では一般的に
ファーストネーム(名前)→ファミリーネーム(苗字)となります。
海外文化をそのまま継承して日本もローマ字表記の場合は名前が先で苗字が後になっていました。
(例)木村 豪孝 → Hidetaka Kimura

ただ最近では本来の形で表記すべきだとする意見もあり、
中学校の教科書も、I'm(苗字)(名前).で書かれていたりするそうです。
国際社会の中で異なる国の人同士の交流が増えており、
社会の文化や歴史を背景として成立した姓名を尊重しようとした結果のようです。
(世界の中で日本以外では、中国、韓国、ベトナム等のアジア圏、ハンガリーも「姓-名」)

文部科学省の国際社会に対応する日本語の在り方(答申)(抄)(平成一二年)では、
日本人の姓名については、ローマ字表記においても「姓―名」の順(例えばYamada Haruo)とすることが望ましい。
…と記載があります。
同時に「一定の書式に従って書かれる名簿や書類などは別として」とあり、
国際社会の公式な書面では姓名表記である事を認めています。

国内での姓→名表記の認知・浸透されるにはまだまだ時間を要しそうですし、
あくまで希望するという表現に留めていますので
現時点ではどちらの表記でも問題ありませんが、名→姓表記が主流だと思います。



生年月日や年月日の英語表記について

ドッグタグ等に生年月日を刻印する際によく使われるのが算数字による年月日の刻印。
ただ英語での刻印になると表記の配置順が変わったりします。
また カレンダー月の名称が短縮表記になったりしますね。

・算用数字の例:2016.07.20 (← 一般的にはこれが多いです)
・英数字の例 :Jul.20.2016

このカレンダー月の並びはアメリカ式表記のもので(順番)月+日+年になります。
なおイギリス式と言うのもあり、こちらは(順番)日+月+年となります。
上記に書いたカレンダー月の英語表記(スペル)は短縮形も含め下記に書いておきますね。

月 (Month) 英語スペル 短縮形
1月 January Jan.
2月 February Feb.
3月 March Mar.
4月 April Apr.
5月 May May.
6月 June Jun. 
7月 July Jul.
8月 August Aug.
9月 September Sep.
10月 October Oct.
11月 November Nov.
12月 December Dec.


日本(自衛隊)と海外の軍隊のドッグタグ刻印

ドッグタグ 鏡面・陸上自衛隊
 JAPAN GSDF
 名
 姓
 認識番号
 血液型

・海上自衛隊
 名
 姓
 認識番号
 JAPAN MSDF
 血液型

・航空自衛隊
 名、姓
 認識番号
 JAPAN ASDF
 血液型


ドッグタグ 鏡面アメリカ軍(※2008年現在)
・アメリカ空軍 フォーマット1
 姓、名前、ミドルネームの頭文字
 社会保障番号の末尾に空軍所属を示す"AF"が付く
 血液型
 (4行目は空白)
 宗教

・アメリカ空軍 フォーマット2
 姓
 名前とミドルネームの頭文字
 社会保障番号の末尾に空軍所属を示す"AF"が付く
 血液型
 宗教

・アメリカ海兵隊
 姓
 名前とミドルネームの頭文字、血液型
 社会保障番号の末尾にダッシュ記号と空白が付く
 所属("USMC")、ガスマスクサイズ(S-small, M-medium, L-large)
 宗教(未申告と記載する場合あり)
 またアレルギー保持者は「レッドメディカルタグ」と呼ばれる赤く着色したプレート

ドッグタグ装着イメージ2・アメリカ海軍
 姓、名前、ミドルネームの頭文字
 (2行目は空白)
 社会保障番号の末尾にダッシュ記号と血液型が付く
 (4行目は空白)
 宗教

・アメリカ陸軍
 姓
 名前とミドルネームの頭文字
 社会保障番号
 血液型
 宗教

・アメリカ沿岸警備隊
 姓、名前、ミドルネームの頭文字
 社会保障番号と所属
 血液型
 (4行目は空白)
 宗教


・イギリス軍
 血液型
 兵士番号
 名前
 姓
 所属
 宗教


※参考文献:ウィキペディア





「シングルプレート」「ダブルプレート」の違い

ドッグタグ・ダブルプレートは上記の【ドッグタグの目的】でも書きましたが、
本来は軍人・兵士が身に付ける身元確認の為のもので、2枚式が主流になります。
(1枚は遺体に残し、1枚は軍が身元確認用として持ち帰る)
戦場で生きて帰れないかもしれない故の配慮として考案されたのが2枚式のドッグタグ認識票と言えます。

ただ現代社会において身に付けるドッグタグは『ファッションアイテム』としての位置付けになります。
有名ブランドから販売されているドッグタグ(例えばGUCCI、ティファニー)は、1枚式シングルも販売しています。
またドッグタグの本来の刻印(個人情報)は刻印せず、独自のデザインを施すブランドもあり(ウルフマンBRS等)
必ずしも個人情報が刻まれているものが販売されている訳ではありません。

ただドッグタグ本来の身元確認の使い方は、現代社会ではシングルプレートでも発揮する事が出来るので
自由に刻印できるドッグタグとして、
『迷子札(子供・老人・ペット等)』
『万が一の際の身元確認(事故・震災・自然災害等)』
『意識を失った場合のメディカルID(既往症・薬・掛かり付け医・緊急連絡先)』

上記のような使い方も可能となります。
戦場と違い遺体を残しておく必要は無い為、シングルプレートでも問題ないという訳です。
(発生事態が稀な震災・自然災害等の場合はかなり特殊なケースに属しますが。)

つまりドッグタグには2つの側面・意味があるカタチになります。


1つは軍や兵士の必須アイテムとして今も使用されている個人認識としてのドッグタグ認識票
軍仕様と同じように考えるならば、基本的に2枚式ダブルプレートですね。
ミリタリーファッションや本物(?)重視の方はダブルプレートですね。
ただダブルプレートなので多少重さもあるので、運動不足の方ですと長時間の使用で肩こりを感じます。
(店長経験談、滝汗)

もう1つが装身具・ファッションアイテムとしてのドッグタグ(シングルプレート)。
仮に名付けるとすればファッションドッグタグ、デザインドッグタグというジャンルと言えます
自由な刻印が可能故にアクセサリ・ペンダントとしてペアアイテムや贈り物に向いています。
こちらは1枚式でも問題ありませんし、刻印は個人情報に限らず自由に出来ると言えます。
ただ1枚式の中にも身元確認としてのドッグタグも含まれます。
(自由な刻印なので当然個人情報を刻むのも自由)

当店は自由な刻印を売りとしているので、「ファッションドッグタグ」に近いです。
ただ2枚式のダブルプレート(販売ページ準備中)も対応可能です。
2枚式のダブルプレートであっても刻印する内容は自由です。

また表面は個人情報、裏は自由に刻印(イラストやメッセージ)なども可能ですので、
ドッグタグの特徴を生かしてオリジナルのドッグタグをお作り致します。